ヨアトルからカザムへの帰り

今回もまたリーダーになってPTを作りました。
ヨアトルでマンドラをやって白魔道士のレベルが27から28に上がりました。

カザムに帰るときにPTを全快させてから行けばよかったのですが
早く帰りたくて全快しないで「いきますかー」と言って出発してしまいました。

そうしたらやっぱりユタンガでゴブにからまれてしまいました。
でもモンクさんが百烈拳を使ってくれて、みんなもがんばってくれたので
ぎりぎりで生き残ることができました。

やっぱりよく考えて行動しないとメンバーさんを危険な目にあわせてしまうので
気を付けなければいけないと思いました。

でも出発前に現地解散と決めておくのがいちばん簡単かもしれません。
レベル30くらいのPTの場合、黒魔道士さんはデジョンですぐ帰れるし
白魔道士さんと赤魔道士さんはインビジでゴブに見つからずに帰れるし
忍者さんやサポ忍者の戦士さんなどは遁甲の術があるし
微塵隠れが残ってたら使えるし
シーフさんはとんずらすれば逃げ切れるかもしれないし
絶対回避が残ってたら使えるし
あとの人は最初から呪符デジョンやプリズムパウダーを持っていくか
お金を使うのがいやなら死んでHPに戻るのを覚悟しておいて
最初だけ魔道士さんにインビジをかけてもらえばOKです。

他人にインビジをかけながら進むという手もないわけではないですが
他人にインビジをかけると自分にかかっていたインビジが切れて危険なので
あまりやりたくないなと思いました。

いつのPTだったか、忍者さんが微塵隠れでHPに戻ってから
テレポを使えるジョブでチョコボに乗って狩り場まで戻ってきてくれて
みんなをテレポしてくれたこともありましたが
ここまでしてもらえたのはすごく運がよかったと思いました。

その忍者さんは戦っているときもすごく優しくていい人でした。
あまり長時間やったので忍者さんは持ってきた紙兵がなくなってしまいました。
それでそのときのPTは終了することになりました。
[PR]
# by friend999 | 2004-02-26 18:16

白魔道士さんとヨアトルのじゃまなゴブ

ヨアトル大森林でマンドラをやって戦士のレベルが29から30に上がりました。

前にいい場所で狩れたので今回もそこにいってみたら別のPTがいました。
仕方ないのでエリアチェンジの近くでやることにしてみんなチョコボから降りました。

でもそこはゴブがじゃまでマンドラを釣りにいくのがほとんど無理だとわかりました。
また仕方ないので白魔道士さんからひとりずつインビジをかけてもらって
別のエリアチェンジ近くの場所まで移動することになりました。
まず私がインビジをかけてもらって左壁伝いに新しい場所まで行きました。

そして後の人が来るのを待っていると白魔道士さんのHPが突然減りました。
ゴブに襲われたのかなと思って「エリアチェンジで」と私は言いました。
でも白魔道士さんは他の人にケアルをかけたりしているうちに
逃げ遅れてしまったみたいで死んでしまいました。

みんなが「すみません;;」とあやまると
白魔道士さんは「油断しました^^」と笑っていました。
白魔道士さんはカザムをHPにしていたのですぐHPに戻って
またチョコボに乗って戻ってきてくれました。

白魔道士さんは相当なベテランみたいで
みんなは連携などいろいろアドバイスしてもらいながら
順調にマンドラを殺すことができました。

自分が犠牲になってしまってもみんなを元気にしてくれる
とてもかっこいい白魔道士さんでした。
[PR]
# by friend999 | 2004-02-24 01:26

カザム前

カザムパスが取れたのでカザム前でマンドラを殺してレベル上げをしました。
モンクのレベルが24から26に上がりました。

町を出てすぐ右の安全地帯を取ってからは死者も出ず順調でした。
全員カザムをHPにしておいて、もし死んでもレイズ待ちせずに
すぐHPに戻るようにするのが早いと思いました。

敵を釣りに行くのはゴブに注意しないとからまれるので
すごくどきどきしますがおもしろかったです。

マンドラの声や姿はかわいいので殺すのも最初は罪悪感がありますが
慣れてくるとどんどん殺したくなるので不思議だなあと思いました。
[PR]
# by friend999 | 2004-02-16 07:56

no key drop lol

戦士23で参加希望を出していたら
外人さんのレベル上げPTに誘われましたが
メンバーがそろわなかったので
カザムパスの鍵取りをすることになりました。

私はシーフ26にジョブチェンジして行きました。
鍵が出やすくなるかと思ったからです。
ところがユグホトに行って1時間くらいで敵を20匹以上倒しましたが
全然鍵が出なかったので外人さんといっしょにあきれていました。

鍵が必要な人は私を含めて3人なので
ユグホト、パルブロ、ギデアスの3か所で3個ずつ
鍵が出るまで敵を倒さなければなりません。

こんな調子だといつ終わるかわからないので
「レベルを上げてからソロで鍵取りにくることにします」
といって外人さんのPTを抜けることにしました。

外人さんの赤魔道士さんの知り合いの白魔道士さんが
途中からPTに入ったんですが
なかなか私たちのいる所まで来れないでいたので
その白魔道士さんの所まで迎えに行って
他の人の所へ案内してあげてからPTを抜けました。

デジョンでジュノに戻ろうと思ったので
黒魔道士にジョブチェンジするためにサンドリアに行きました。

そしたら競売でコットンゲートルという足装備が
ジュノでの値段の半額で売っていたので買いました。
私が買ったらちょうど売り切れになりました。

しばらくするとさっきの白魔道士さんから
「コットンゲートルを買ったんだね」とTellがありました。
その白魔道士さんもコットンゲートルが買いたかったそうで
そのお金をかせぐためにユグホトに行ったんだそうです。

どう答えていいかわからなかったので「oh」と言っておきました。
ちょっとかわいそうな気もしますが
こちらが謝るのもやっぱり変だと思ったので謝りませんでした。

その代わりに「鍵は出ましたか?」と聞きました。
「1個出たよ」という答えが返ってきました。
「おめでとう」と言った後何も言うことがなくなったので
「goodluck」と言っておきました。

外人さんからTellで何かお願いされたのを断る時に
こちらが悪くないのに「sorry」と言ってしまう癖があります。
「そうだよな、おまえが悪いんだよな」と言われてしまうと
いろいろ面倒なことになるかもなので気をつけようと思います。
[PR]
# by friend999 | 2004-02-13 23:34